×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

保険の利用について


※ 当院は、保険適用外です

当院は保険の利用はございません。


このページでは、お客様からよくお問い合わせをいただく「保険の利用」についてのご質問にお答えしたいと思います!!



自費と保険について・・・

当院でも、「保険は使えますか?」と聞かれることがあります。確かに整体、整骨院、接骨院など色々あって、その区別が付きにくく、また、違いもわかりにくいのが現状です。

まずは、保険が使える場合です。

基本的には、整形外科などの病院はもちろん、整骨院、接骨院、はりきゅう、マッサージは保険が使えます。ただし!保険が使えるのは以下のような場合です。


整骨院・接骨院の場合

骨折、脱臼、打撲、ねんざ、挫傷(肉離れなど、運動やスポーツで関節や筋肉が損傷した場合)

骨折・脱臼は応急手当を除いて、医師の同意が必要。

はりきゅう・マッサージの場合

はりきゅう→神経痛、リウマチ、頚腕症候群、五十肩、腰痛症、頸椎ねんざ後遺症など

マッサージ→筋麻痺、関節拘縮など

はりきゅう・マッサージともに原則として主治医(医師)の同意書が必要。


接骨院や整骨院などでは、ケガをした、事故にあった等の場合、治療に保険が使えます。しかし、骨折などの疑いがあるときは、できるだけ速やかに整形外科に行き、医師の診断を受けて下さいね。

はりきゅう・マッサージは原則、主治医(医師)の同意書が必要なため、かかりつけの医師に相談すると良いでしょう。 

日常生活による肩こり、腰痛、疲労などは保険が使えません。事故やケガでないものは保険が使えないのです。ですから、デスクワークなどで肩や腰がガチガチになった時などは自費のところで受けましょう。

また、整骨院や接骨院でも保険が使えないところもありますし、保険が使えるメニュー、使えないメニューと分けているところもあります。

なぜかというと、整骨院や接骨院を名乗るには国家資格(鍼灸師、あんま・指圧・マッサージ師、柔道整復師のうちいずれか)が必要です。

保険診療ができますが、逆に言うとそれでは事故やケガでない方への施術ができません。なので、保険適応外の方を施術するために、敢えて保険を使えなくしたりするのです。


「マッサージ受けるけど保険じゃないよ?」と思ったあなた!!それは・・・


日本ではあらゆる場面で「マッサージ」という言葉が使われます。「クイックマッサージ」というジャンルもあります。しかし、厳密に言うと「マッサージ」という言葉を使えるのは医師か国家資格をもった、あんま・指圧・マッサージ師です。場合によっては鍼灸師や柔道整復師も使えます。

国家資格をもってない者が「マッサージ」を行うことはできません。

しかし、どうしても日本では昔から日常的に使われている言葉であり、わかりやすいので便宜上、マッサージという言葉を使う店は多いようです。

・・・2012年にこのあたりの規律も整備され、今はそういった“便宜上”という理由で、国家資格を持たない者が「マッサージ」という言葉を使うことはできなくなってきました。

曖昧で、微妙なケースもあると思いますが、今回の情報を一つの知識として理解して頂ければ幸いです。



ちなみに、当店は「保険」の適用はしておりません。自費となりますが、基本どなたでもご利用いただけます!!肩こりや腰痛、頭痛など、体の慢性的な不調でお悩みがありましたら是非、当店へ☆☆☆